初乗り以来の県内での練習

庄内TRの後2週続けて岩手に練習しに行ってたんですが、先週は仕事が忙しくってせっかくお誘いいただいたのに練習どころかバイクにも乗れずじまい。
今週こそは練習と思っていたが家庭の都合で遠出出来なかったので 、以前から話に出て気になっていたとある場所へ様子を見に行ってきました。


こっちの
画像


こんな所です
画像


画像


秋田市内より明らかに雪が少ない!
前日の雪のせいで吹きだまっているところもあったけど乗れます!!
画像


画像


岩がこんな感じなので多少雪がついていてもグリップは抜群です。
チョット間違えるとタイヤ裂けそうです。
画像


私の家からは約60キロ路面状況にもよるけど1時間半くらい。
去年まで冬季間の練習場所は金浦でしたが、冬の間なら釣り人もいないしここをメインにしてもいいかも。

問題は転んだ時のダメージがでかそうなのと、風を遮る物がないのでメチャ寒い。
吹雪になって寒さの余り車に避難してしまった。
画像





帰り道ちょっと寄り道して実家近くの八郎潟へ
画像


今年はばっちり凍っているのでバイクで走れるんじゃないかと思ったが、土手の雪が多すぎてバイク出せなかった。
けどスパイクとか穿いてこの広い湖面を走ったら楽しいと思いませんか?

氷割れて落ちるかもってドキドキ感も味わえるし♪

「もう年だから」!?いやいやトライアル界では40でも小僧です!!

トライアルを始めてから、よく「まだまだ若いから大丈夫」と言われます。何が大丈夫なのかおいといても何だかんだで私も40代に突入しまして、世間一般では立派なオジサンの部類に入ります。もちろん気持ちは若いままですが?!つもりですが体の方はそれなりに調子の悪い所もありまして、たまに全バラしてオーバーホール出来たら良いのにと思う事もあったりします。

それなのにトライアルの世界ではまだ若いのだそうだが本当にそうなのか??
ちょっと気になったんで2011年度の東北選手権出場者の年齢を調べてみました。

エントリー時のプログラムが残っていれば出場者全員の年齢が分るんだろうけれど、とっくに捨ててしまっているので東北二輪車協会のHPに載っている年齢をもとにしています。

ちなみに2011年度の東北選手権は震災の影響で1戦少なくなり全7戦。
エンジョイクラス 9名、NBクラス 33名、NAクラス 29名、IBクラス 25名、IAクラス 5名の総出場者 102名
東北各地に関東からの参加も合わせての人数です。今年は震災の影響で参加を見合わせている方も多いかと思いますが決して多い数字ではないのではと感じたりし・・・おっと!いかん!!参加人数ではなく今回は年齢の話でした。人数についてまたそのうち!

東北二輪車協会HPのポイントランキングに年齢がのっていましたので、ポイント外の方と、IAクラス、エンジョイクラスの方は入ってません。

まずは年代別に分けてみた
 
NB
NA
IB
年代別合計
10代4(11)02(15)6
20代3036
30代55(30)212
40代67619
50代121312(57)37
60代 1(61)3(61)04

()内は各クラスの最若、最高年齢です。

さらに平均を出してみた。
NBクラス 41.8歳 
NAクラス 48.9歳
IBクラス 42.3歳
全平均 44.3歳


おやおや!意外と面白い結果ではないでしょうかね!?
10代、20代は少ないとは思ってましたがやっぱり少ないですね(笑)、しかも私の記憶では10代の選手たちはみんな関東圏からの参戦だったと思います。
東北の若者はどうしちゃったんでしょうか?一抹の不安を感じずにはいられない現実を突き付けられた結果ですね。

NBクラスは予想より全年代にバラけている感じがします。50代が他の年代に比べると倍以上いますがエントリークラスという事もあってか11歳と61歳がガチンコ勝負です!!凄いですね!!孫とおじいちゃんがガチンコ勝負しているモータースポーツって他にあるかな?

NAクラスに関しては10代どころか20代の選手もいませんよ~~!クラス別の平均年齢も当然高いですね。NBクラスと同じく50代が他の年代に比べると倍以上です。
若い選手がいないのは勢いのある若い選手はとっとと上のクラスに昇格していってしまうからでしょうか。

IBクラスも以外とバラけているような感じですが、30代が少なくやっぱり50代が他の年代に比べると倍以上ですね。勢いのある若い選手とトライアル歴ウン十年の老獪な選手たちのクラスといったところでしょうか。

全体では50代がダントツに多く全体の44パーセントにもなります。60代も含めた50歳以上となると約49パーセントとほぼ半数にもなります!やはり数十年前にあったというトライアルブームにストライクだった年代なのでしょうか?それとも子育てもひと段落ついて金も時間も余裕があるのでしょうか?

いずれにしろこの年代の方が元気に選手権を走っているのは素敵な事だし、トライアルが長~く続ける事の出来るモータースポーツだということの証明だと思います。もちろん私もこの先何十年も続けていきたいと思います。
この結果を見ると、俺はもう年だからなんて言うのはトライアルをやらない理由にはなんないですね!
10代の選手のようにいずれはIA、そしてIAS!さらには世界選手権を目指すような事は無理だとしても、それぞれの体力やレベルに合わせた走り方、楽しみ方が出来るのがトライアルの良い所ですから、始めるのに遅いなんてことはないです!!さあ!レッツ トライアル!

ちなみに私がトライアルを始めたのは36歳でした。


さて!私が若いのかって事でしたが、結果、若者ではないけれど少なくとも選手権に出ている中では平均年齢よりも下って事で若い部類に入るみたいです!!








普及活動

秋田県トライアル普及委員とは、その名前のとおりトライアルの普及啓発をすべく立ち上げたものです。

数年前の私のように興味はあるけど始める事が出来ないでいる人には始める切っ掛けに。まったくトライアルを知らない人にはトライアルってものがある事を知ってもらえるように。すでにトライアルを始めている方には情報を発信、交換する事でさらに活発な活動の手助けになれたらと、まず最初にHPを立ち上げました。

そのメインのコンテンツとして、秋田県のトライアル愛好家のみなさんに、出会い、思い、かかわり方などを語ってもらう事で、いろんな楽しみ方がある事!始めるのはそんなに難しくない事などを知ってもらえたらと思っていたのですが、これが意外と難しかった。
少ないとはいえ、トライアルを楽しんでいる方はいるんです。けどそのかかわり方を文章にしてくれる人がなかなかいないのです。私も文書をかくのは苦手なので気持ちは凄く分ります。
HPを開設してから3年で4名のみ・・・

俺書いてもいいよって人がいたら連絡ください!!お願いします!!


そしてもう一つの活動は、草大会の開催です。
基本コンセプトは誰でも気軽に参加できる事!!もともと普及が目的なので初めての方やトライアルバイクをまだ持ってない方がトレールバイクで参加しても危険がなく楽しめるようにと考えています。
年2回開催で6回開催しましたが、大会参加が初めての方やトレールバイクでの参加もあったりと、主催するのは大変ですがそれだけの意味は十分あるなと感じてます。

かと言って超簡単なセクションだけではないですよ!以前からトライアルをたしなんでいる方が楽しめないようでは、新規参入してくる人などいる訳もないですから。

まずは10回、20回と続けていく事が大事かと思っています。


とまあ草大会開催についてはそれなりに手ごたえもあるのですが、HPでの情報発信という点ではまったく更新出来ずにいるのが現状です。
しかも昨年はいろんな理由から、HPのみならずブログや掲示板も放置状態で当初の目的を全く果たせていませんでした。

流石にこれじゃいかんという事で、大会参加等の報告とともに、ほんの数年ですが私の経験や思ったことなどをブログで書いてみようかなと思っています。



そのうち普及委員の活動がきっかけで、トライアルを始めたって人が出て来てくれると嬉しいですね!!